Alan 中国語シングル『我回来了(ただいま)』 JJの作曲か!

 2012-03-30
alan


昨日aminの記事を書いたのだが、日本で活躍していると言う意味でAlanのことを思い出した。Twitterでも偶然にも多くのAlan家族 (ファンのことをこう呼ぶらしい)に出会ったが、フォローした一人の方から中国で来月CDがでますという情報いただいた。今日は、そんなわけで、Alanを取り上げようと思う。ブログでは以前 一度だけ書いたことがある。日本で活躍しているのは知っていたが、あまりブレイクもせず、どうしているのかちょっと気になって、調べてみたら、どうやら昨年の8月に帰国し、活動拠点を中国に戻したようだ。またエイベックスに所属していたが、エイベックスチャイナは解散し、新しい事務所に移り、再起をかけているようです。このAlanの動向については、 「愛と苦悩の日記」というブログにその経緯が書かれてあり、非常に勉強になった。

そこで知ったのが、昨年11月に帰国最初のCDが発売されたということ。作曲が、JJ 林俊杰である。まず聴いてみましょう。埋込みがリクエストにより無効になっていたので、下記リンクよりどうぞ。

alan 2011-11-22発売 中国語シングル『我回来了(ただいま)』


この「愛と苦悩の日記」の記事読んでみると、Alanのことだけでなく、EXILEやSMAP,AKB48などの中国のファンの生の声が書かれており、とても面白い。EXILEやSMAPの中国公演については、どうやら日本のマスコミで放送されているのと、現地の若者の生の声とは大きく違っているようだ。EXILEは微博ではほとんど無視されている規模のコメントしか出てこないし、SMAPもグループでの認知度は大したことないらしい。

ところで、alanの中国での今後はどうなるんでしょうね。「愛と苦悩の日記」では、Alanが微博で中国の人から叩かれでプチ炎上したとのこと。ちょっと、怖いですね。また、

中国大陸のalanファンの一部も、すでに「日本へ戻るべきだ」と言い始めている。これは「日本で活動するalanでなければ応援する意味がない」と言っているのと同じことだ。

という記述がありました。面白いですね。Alanは日本語あまりできなかったようです。エイベックスのマネジメント、戦略がよければもう少し、CD売れてもよさそうなものだが・・・

詳しくは、「愛と苦悩の日記」をどうぞ。本当に面白い記事でした。

さて、彼女の過去のアルバムについて、少し調べていたら、2005年の最初のアルバムで面白いもの見つけました。このアルバム 中華圏の歌手のカバーアルバムみたいなものです。タイトルは以下のとおり。どれだけ あなたは知っている曲ありますか? 今日は、この中で 2曲聴いてみたいと思います。最初が、刘嘉亮の「你到底愛誰」このブログで最初にとりあげた曲です。もう一曲は、はじめてCD買った歌手で私のアイコンに使わさせてもらっている 梁静茹の曲 「寧夏」復習になりますが、彼女の歌声でどうぞ。

1.醉清風
2.忍不住眼淚
3.梔子花開
4.Gardenia in blossom(梔子花開英文版)
5.玻璃杯
6.寧夏
7.十年
8.你到底愛誰
9.童話
10.最浪漫的事
11.翅膀
12.遇見
13.一輩子的孤單
14.被風吹過的夏天

阿兰 达瓦卓玛 - 你到底爱谁




寧夏 阿蘭達瓦卓瑪 (Alan)





一日3曲を目標に曲を紹介していきますので、引き続き、応援よろしくね。

↓↓↓ 1日1回のクリックが毎日更新するはげみになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
タグ :
コメント
ご紹介されているブログ、面白かったです。アランは関注してるんですが、とにかくこの半年、自分の事以外余り何もできていなくてエイベックスのことも知りませんでした。
【2012/03/31 00:26】 | おぐら #SFo5/nok | [edit]
読んでいただいたのですね。私もこのブログ読んで、衝撃を受けました。もっと中国側の生の声をきっちり、把握する必要があると痛感しました。このブログのほかの記事も面白そうです。
【2012/03/31 01:04】 | ハッピーしんちゃん #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://stuartjapan.blog96.fc2.com/tb.php/497-08d7d8cd

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫